マニラ

フィリピン・マニラ初心者にオススメの夜遊びスポットを紹介

マニラ初心者
マニラ初心者
フィリピンのマニラで夜遊びする予定だけどどこに何があるのか全然分からない。。。危険と聞いたこともあるけど本当はどうなんだろう。。。一人で行くから色々心配になってきた。。。

フィリピンの首都マニラの夜遊び情報は他の国の夜遊び情報に比べてインターネット上にまだまだ情報が少ないのが現状です。

そのため、いざマニラの夜遊びをしようと思っても

・どこに行けば良いのか分からない
・どんな夜遊びがあるのか分からない
・価格や相場が分からない
・気をつける点はあるのか?

上記のような疑問が出てくると思います。

特に初めてマニラで夜遊びする人は色々分からなくて不安になるでしょう。

こーへぇー
こーへぇー
実際に僕が学生時代に初めてマニラに2ヵ月間滞在した時(フィリピンで英語留学していました笑)もネット上にはマニラの夜遊び情報が少なくて非常に苦労した覚えがあります。

そこで今回は学生時代から現在までに年1回はマニラに行っている僕がマニラの夜遊び事情にご紹介していこうと思います。

マニラで有名な夜遊びエリア

マニラには夜遊びで有名なエリアは主に3ヶ所あります。

「マカティ」「マラテ」「パサイ・エルミタ」の3つのエリアです。

他にもマニラには夜遊びスポットがいくつか散らばっていたりしますが、ローカルで危険な場所もあるため、旅行者はまずはこの3大有名エリアを押さえましょう。

マカティ

マカティは空港からタクシーで約20分の場所に位置しており、フィリピン経済の中心街で高層ビル、高級マンション、ショッピングモール、ホテルが多く立ち並んでいる地域です。

夜遊びスポットに関してはマニラの中で最もゴーゴーバーが多く集まっている「ブルゴス通り」があります。

ブルゴス通りには約30件以上のゴーゴーバーがありますが、店舗によって女の子のレベルが全然違います。

そのため、1店舗だけではなく色々なお店に入ってみて気に入った場所で遊ぶようにしましょう。

ゴーゴーバー以外にもブルゴス通り周辺には外国人向けのバー、レストラン、ディスコも多く、夜になるとかなり賑やかな雰囲気になります。

ブルゴス通りは外国人が多いエリアのため、マニラで初めて夜遊びする方はまずはブルゴス通りに行くことをオススメします。

ブルゴス通りの場所

パサイ

パサイはマニラの国際空港である二ノイ・アキノ空港から約15分にあるエリアです。

パサイの夜遊びスポットは昔から日本人に根強い人気があるゴーゴーバー街の「エドサコンプレックス」があります。

お店には日本語が喋れる女の子が多いことから、圧倒的に日本人の年配者のお客さんが多いです。

こーへぇー
こーへぇー
エドサコンプレックスは一つの場所にゴーゴーバーが約7店舗入っているタイにあるナナプラザのような場所です。

エドサコンプレックスは昨今廃れているという噂もありますが、実際に行ってみると日本語が喋れる可愛い子も多く、ゴーゴーバー好きの方であれば絶対におさえておきたい夜遊びスポットとなります。

エドサコンプレックスは空港から比較的に近いのでトランジットで滞在する方や時間がないけどマニラの夜遊びを楽しみたい方にオススメです。

エドサコンプレックスの場所

マラテ・エルミタ

マラテ・エルミタは空港から約40分と遠いですが、マニラの最大の歓楽街があり、昔から有名なエリアです。

特にKTVといわれる日本でいうフィリピンパブと似ている場所が密集している地域として有名です。

他にもマニラの夜遊びで外せない「LAカフェ」という出会い系カフェや「ZZYZX」という人気のクラブもこのマラテにあります。

ゴーゴーバーはないですが、クラブ、カジノ、マッサージ等もあるためマラテ・エルミタに行けばマニラの夜遊びには困らないでしょう。

マニラの主要夜遊びスポット

マニラには主に下記の夜遊びスポットがあります。

  • ゴーゴーバー
  • KTV
  • LAカフェ
  • クラブ・ディスコ
  • 置屋

それでは詳しく見ていきましょう。

ゴーゴーバー

マニラで最も有名な男の夜遊びといえばゴーゴーバーです。

ゴーゴーバーとはクラブミュージックが爆音で流れるお店の中で女の子といちゃいちゃしてそのままお持ち帰りが可能な男の楽園のような場所です。

こーへぇー
こーへぇー
もう既にタイでゴーゴーバーを経験済みの方は説明不要ですね。

システム

ゴーゴーバーの入場料自体は無料のため、色々なお店に入ってみて良さそうなお店で遊ぶようにしましょう。

おおまかな遊び方としては下記のような流れとなります。

①まずはお店に入ったら席に通されるため、自分のドリンクを注文します。
②ステージ上でセクシーな恰好をしてダンスしている女の子が多数いるため、気に入った女の子がいれば女の子にドリンクを奢りましょう。ドリンクを奢ると女の子は自分の隣の席にきてくれます。
③女の子と会話を楽しみいちゃいちゃしましょう。女の子によってはボディタッチも余裕でOKです。
④お持ち帰りする場合はお店にバーファインという女の子の連れ出し料を支払います。
⑤バーファイン後はあなたと女の子の時間です。店外に連れ出してデートが可能です。遊んだ後は女の子にチップを支払いましょう。

価格・相場

ブルゴス通りとエドコンの相場で比較すると若干ブルゴス通りのゴーゴーバーのが安いです。

お店によっても若干価格は違ってきますが、おおまかな相場は以下となります。

入場料:無料
自分のドリンク:100~150ペソ(約200~300円)
女の子のドリンク:300~400ペソ(約600~800円)
バーファイン(連れ出し料)2000~4000ペソ(約4000~8000円)
女の子へのチップ:ショートコース(約2時間)3000ペソ~(約6000円)
ロングコース(朝まで)5000ペソ~(約10000円)

自分のドリンク、女の子のドリンクはどのお店もほとんど大差はありません。

バーファイン代は女の子を連れ出す時間帯によって変わってきます。

早い時間帯の方がお客さんが多かったりするので通常の料金がかかってきますが24時を過ぎるとお客さんは減ってくるため、少し安くなったりします。

女の子のチップに関しては女の子との交渉次第で相場よりも安くもなるし、高くなったりもします。

こーへぇー
こーへぇー
あなたが女の子から気に入ってもらえれば価格交渉出来る確率は上がるでしょう!

しかし、可愛くて人気のある女の子に対しては交渉はあまり通用しません。自分の価値を分かっているため、安易な値下げには応じないことが多いです。

注意点

①女の子からのドリンク攻撃には注意

ゴーゴーバーに慣れていない方だと女の子から「ドリンク奢って」と言われるとつい奢りまくってしまうことがあります。

そして女の子に奢っていると「こいつはカモ」と思われて店内の他の女の子やママさんからドリンク攻撃をされます。

「日本のキャバクラに比べて安いし、まぁいいや」と思って奢っているとお会計の時にドリンク代だけで2,3万円とか普通にあるのでドリンク攻撃されても「NO」と断る勇気を持ちましょう。

②店内では写真撮影をしない

ゴーゴーバーの店内では写真撮影は禁止です。ステージにいる女の子を盗撮して店員にバレたらお店から締め出されて最悪出禁になります。

ステージではなく席で女の子と記念撮影したいとお願いすると応じてくれる場合もあります。

ブルゴス通りにあるオススメのゴーゴーバー

ブルゴス通りでオススメのゴーゴーバーは「コジャックス」「プランビー」です。

ブルゴス通りは欧米人が多いのでどちらかというと欧米人好みの女を揃えているゴーゴーバーが多いですがこの2店は日本人好みの女の子も多く、他のゴーゴーバーと比べて頭一つ抜けている感じです。

エドサコンプレックスにあるオススメのゴーゴーバー

エドサコンプレックスにあるオススメのゴーゴーバーは「コットンクラブ」「ファイアーハウス」です。

コットンクラブは女の子が常時50人近くはおり、エドコンでは一番規模が大きいゴーゴーバーのため、女の子を選びやすいです。

ファイアーハウスは規模はそこまで大きくないですが、全体的にお店の女の子のノリが良く初心者でも楽しめるかと思います。

KTV

KTVとは日本にあるフィリピンパブのような場所です。店内で女の子一緒に飲んだり、カラオケが出来る場所となります。

ゴーゴーバーのようなうるさい場所が苦手な人でゆっくりと女の子と過ごしたいという方にはオススメな場所です。

KTVはマニラの主要なナイトスポットにありますが、KTV巡りをしたいのであればマラテに行くことをオススメします。

マラテには日本人向けのKTVが70店舗以上はあり、格安店から高級まであるので色々なお店を巡ってみるのが良いでしょう。

システム

日本にあるキャバクラ・フィリピンパブと全く同じです。

基本はアルコール類の飲み放題で女の子を指名したり、ドリンクを奢ると別途料金が発生してくるというシステムです。

KTVは残念なことにゴーゴーバーみたいに女の子を店外に連れ出すシステムはありません。好みの女の子とアフターを楽しみたいのであれば個別にアプローチする必要があります。

価格・相場

KTVは日本のフィリピンパブやキャバクラに比べてかなり安く遊ぶことが可能です。

ワンセット(90~120分):500~1000ペソ(1000~2000円)
指名料:300~500ペソ(600~1000円)
女の子のドリンク:300~500ペソ(600~1000円)
延長料60分:400~800ペソ(800~1600円)
TAX(サービス料):お会計の10~30%

こーへぇー
こーへぇー
僕はマニラに行った際はよくマラテにある格安KTVに行きますが、女の子にドリンクを奢りまくって3時間くらい遊んでも日本円で1万円もいかないのでコスパはかなり良いと思います。

無理に女の子にドリンクを奢る必要もないため、KTVの雰囲気を味わいながら一人でしっぽり飲むのもオススメです。

注意点

①過度なボディタッチは禁止

「日本じゃないし、触りまくっても大丈夫だろう」と思っている人は要注意です。

女の子の同意の上のボディタッチは良いですが過度なボディタッチはかなり嫌がられるので止めておきましょう。

②女の子のプライドを傷つけない

フィリピンの女の子はプライドが高いため、絶対的に馬鹿にしたり、傷つけるような言動はしないようにしましょう。

またプライドを傷つける行為として下記のような行為があります。

①女の子の頭をポンポン叩く
②大声で怒る

こういった行為をすると女の子から指名キャンセルされたり、キレられるので絶対に止めましょう。

LAカフェ

LAカフェとはマニラで最も有名な出会い系カフェです。

バーみたいな店内でライブバンドを見ながらご飯を食べたり、お酒を楽しむことが出来る場所になりますが多数の女の子が常に出入りしており、交渉次第でお持ち帰りすることが可能な場所として有名です。

バイト感覚で来ている女の子が多く、可愛い素人の女の子もよくいたりするので素人の可愛いフィリピーナと遊びたいという方はオススメです。

LAカフェは店内で座っていれば女の子からガンガンアプローチされるので奥手な男性でもモテる感覚を味わうことが出来ます。

24時間365日営業しており、どの時間に行っても女の子はいるためいつでも悶々とした気持ちを解消することが可能です。

こーへぇー
こーへぇー
バンコクにあるテーメーカフェに近いです。

システム

お店に入り、ドリンクを頼んで適当に座っていれば女の子からガンガンアプローチが来るので後は交渉次第となります。

女の子を連れ出す際は基本はショートタイム(2時間くらい)が多いです。

また、女の子を外に連れ出す際はなぜかお店側から女の子にレディースドリンクを1杯頼まないといけないシステムとなっています。

価格・相場

LAカフェは入場料自体は無料なのでお店に入って気になる女の子がいなければお店を出ても大丈夫です。

入場料:無料
ドリンク:100~200ペソ(200円~400円)
レディースドリンク:250ペソ(500円)
女の子へのチップ:3000~ペソ(6000円~)

注意点

未成年の女の子に注意する

LAカフェは入口で女の子のIDチェックをするため、未成年は店内に入れないようになっています。

しかし、フィリピンでIDの偽造は簡単で偽造IDを使って店内に入っている女の子もいます。

そして未成年の女の子を外に連れ出して事を終えて場合で何かの拍子で警察にバレてしまったらかなりヤバいです。逮捕されてしまう可能性もあります。

そのため、あまりにも容姿が若い女の子には注意するようにしましょう。

クラブ・ディスコ

マニラには多くのクラブがあります。パーティピープルが好むEDMが流れる大箱から出会い目的の女の子が多いクラブまで幅広いです。

フィリピンの若い女の子はクラブやディスコが大好きでクラブ内ではノリノリで踊りまくっているのでそれを見るのを楽しいです。

システム

日本のクラブと同じでクラブに入ったらドリンクを頼み、後は流れに身を任せるだけです。

友人等で複数人で行く場合はボトルを頼むのをオススメします。フィリピンのクラブではテーブル囲み、ボトルを友人等とシェアして飲むのが定番となっています。

価格・相場

平日だと入場料が無料なクラブも多く、週末やイベント時だと有料になるケースが多いです。

入場料:無料~1000ペソ(0~2000円)
ドリンク:100ペソ~(200円~)
ボトル:1500ペソ~(3000円~)

注意点

ドレスコードやIDチェックが必要なクラブがある

規模が大きいクラブ程、セキュリティが厳しいため入場時のチェックは厳しいです。

クラブに入ろうとしたけど短パン、サンダル、ID無しだったため、クラブに入場出来なったいうことはよく聞きます。

そのため、規模が大きいクラブに行く際は注意しましょう。

オススメのクラブ・ディスコ

クラブにいる女の子を連れ出したいのであればオススメのクラブはマラテにある「ZZYZX」です。

出会い目的で来ている女の子がたくさんいるのでドリンクを奢って仲良くなり、女の子との交渉次第でお持ち帰りすることが出来ます。

フィリピン・マニラにあるオススメナイトクラブ5選【ハズレ無】フィリピン・マニラの夜遊びといったら絶対に抑えておきたいのはクラブ遊びです。 初めてマニラのクラブに行く人は音響の良さや設備の豪華...

置屋

マニラには少数ですが置屋があります。

ゴーゴーバーやLAカフェに比べて女の子と格安で遊べるためリピーターも多く、昔から日本人からは根強い人気があります。

マニラの置屋は表向きはバーやパブとして営業していたりしますが、店内に入ると女の子がたくさん並んでおり指名すると外に連れ出せたり、店内にある簡素な部屋で女の子と過ごすことが出来る場所です。

女の子のレベルに関してはゴーゴーバーやKTVに比べると落ちます。それでも複数店舗を周っていると「おっ!」というような女の子に巡り合うこともあります。

マニラの置屋は治安が悪い場所に位置していることが多く、マニラ夜遊び初心者にはあまりオススメはしません。行くのであれば他の夜遊びをして初心者を脱してからのが良いです。

システム

お店に入ると何人かの女の子がいるので好みの女の子を指名してお持ち帰りをするというのが基本的なシステムになっています。

価格・相場

お店によって価格相場は違ってきます。

入場料やバーファイン(連れ出し料)はかかりません。

ショートタイム(約2時間):1000~3000ペソ(2000~6000円)
ロングタイム(朝まで):3000~5000ペソ(6000~10000円)

注意点

未成年の女の子に注意する

置屋には稀に未成年の女の子が働いている場合があります。未成年の女の子をお持ち帰りするのは犯罪になるのでお店にあまりにも若い女の子がいたら注意しましょう。

オススメの置屋

置屋はお店の摘発や女の子の入れ替わり等が激しいため、これといったオススメの置屋はありません。

有名な置屋はマカティのカジノストリートにあるCASAとエルミタにあるPUB兼置屋です。

・CASA付近の場所※見た感じは民家のため、お店と分からないです。

・エルミタのPUB兼置屋 ※この周辺にいくつかPUB兼置屋があります。

マニラの夜遊びをする際の注意点

性病に気をつける

マニラの夜のお店で働いている女の子は稀に病気を持っている女の子もいます。

ゴーゴーバーで働いている女の子はお店側で定期的に検査していることも多いですが、置屋等の衛生的に不安なとこにいる女の子はけっこうな確率でヤバいと思います。

そのため、行為を行う場合は自分の欲望に負けないようにしましょう。

ストリートチルドレンからのスリ・盗難に気をつける

マニラの繁華街は危険と思っている方も多いと思いますが、昔よりは劇的に治安は良くなっています。

それでも繁華街を歩いていると物乞いをしているストリートチルドレンをたくさん見かけます。

僕の友達はマカティのブルゴス通りを1本外れたとこを歩いていたら、3人くらいの子供が背後から全速力で走ってきてズボンの前ポケットに手を突っ込み、アイフォンを盗んでいきました。

ポケットに財布やスマホ等の貴重品は極力いれないようにした方が良いです。ショルダーバッグ等に貴重品を入れる場合も前掛けにしておいた方が良いです。

キャッチは無視する

ブルゴス通り、エドコン、マラテの繁華街には多くのキャッチがいます。

繁華街をおどおど歩いていると高確率でキャッチから喋りかけてどこかのお店に連れて行こうとします。

日本語が喋れるキャッチも多く、つい信用してしまいがちですがキャッチに連れていかれるお店はだいだいぼったくりです。

そのため、キャッチが喋りかけてきても基本は無視するようにしましょう。

まとめ

マニラに初めて夜遊びをする方はまずはブルゴス通りのゴーゴーバーに行ってみることをオススメします。

そして、ゴーゴーバーに慣れたとこでKTVやLAカフェ等の他の夜遊びをしていくと良いでしょう。

マニラの夜遊びは危険と思われて躊躇されている方も多いと思いますが、マニラの治安は大統領が変わってから良くなっていることもあり、昔に比べて遊びやすくなっていると感じます。

僕は今までで何回もマニラには行っていますが、実際に夜遊びスポットで危険な目には一度もあったことはありません。

それでもどこに危険が潜んでいるのかは分からないため、マニラで夜遊びする際は節度は守って遊ぶようにしましょう。

ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
愛知県在住の20代。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまって堕落の道まっしぐらです。。。⇒詳しいプロフィールはこちら