ビキナイ・アジア
初心者のためのタイ、東南アジアの夜遊び情報、お役立ち情報を紹介していきます。
ブログ・思ったこと

【危険】タイの夜遊びにはまりやすい日本人の3つの特徴を考えてみた

タイや東南アジアの夜遊び好きの方なら分かると思いますが、一度はまると中々抜け出せません。

僕も20歳の時にタイに行って夜遊びを覚えて以降は、はまりすぎて中々抜け出せないでいます。

一度は本気で断ち切ろうと思ったこともありますが、あのギラギラ光るネオン街、爆音で流れる音楽、誰からも干渉されない、暖かい気候、可愛い女性はドラッグの中毒のように常に脳裏によぎり、勝手に足がネオン街にいっています。

そこで今回はタイの夜遊びにハマりやすい人の特徴を考えてみました。

日本でもてた経験がない人

日本人でモテたことがなく、ゴーゴーバーに行くと女の子から喋りかけてきたりします。
これは今まで女性とあまり接点がない方にとっては衝撃の事で自分が「俺ってタイだともてるんか?」という錯覚が生まれ始めます。

さらにレディースドリンクを奢ると、可愛い女の子がめちゃくちゃ優しくしてきたり、密着してきたり、触ってきたりして「俺はタイでもてそうだな!」と少しずつ疑問が薄れてきます。

最後に追い打ちをかけるように女の子から「Your ハンサム!」とか日本語で「カッコイイネ」とかと言われた日には「俺はタイでもてる!!」という確信に変わります。

確信に変わったらもう最後です。お金目的ということが分かっていても「俺はタイならモテる」というイメージ像が出来上がってしまいます。

しかも何店舗に行ってもこのような状況を作り出せてしまうため、モテるというイメージ像はどんどん膨れ上がってきます。

その感覚を味わうためにまた訪タイを繰り返してしまいます。

こーへぇー
こーへぇー
僕は日本でモテた経験がなく、悲しい学生時代を送ってきましたがタイのGOGOBARで行って見事にこのイメージ像が出来上がり、タイだとモテると信じています。

恋愛経験が少ない人

これはもてた経験がない人と似ているのですが、タイの夜遊びは彼女感覚で女の子を連れ出していろいろな場所に行き、デートを楽しむことが出来ます。

一緒にディスコで踊ったり、ご飯を食べたり、二人でまったりしたりと至福な時間を過ごすことが出来ます。

しかも日本の女の子とは違って本気で尽くしてくれたり、楽しんでくれることも多いため、お気に入りの子が出来ると高確率で一緒に過ごすためにまた訪タイしようとなってしまいます。

こーへぇー
こーへぇー
お気に入りの女の子が出来るのが一番怖いです。

中途半端にチャラい方

これは日本の夜遊びだけでは物足りずにタイの夜遊びに刺激を求める方です。

日本の夜遊びでは体験できないことが多くあるため、チャラい方はタイに一層の刺激を求めてきます。

日本では体験できない刺激を味わってしまうとリピートしてしまうのが普通です。

こーへぇー
こーへぇー
バンコクやパタヤの夜遊びスポットに行くと、中途半端にチャラそうな集団の日本人男性をよく見かけます。

まとめ

この記事を見たあなたはタイの夜遊びにはまりそうな特徴はありましたでしょうか?

一回ハマると中々抜け出せないのがタイの夜遊びです。ただほとんどのタイの夜遊び好きの方は好きではまっています。

日本で生活していたら普段出来ないような体験を出来たりするので「またタイに行こう!」と訪タイを日々の原動力にして人生を楽しんでいる方が多いです。

ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
20代後半で東海圏に住んでいる零細メーカーのサラリーマン。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまい、それ以降は東南アジアの様々な魅力に取りつかれてしまいました。。。⇒詳しいプロフィールはこちら