タイ旅行

2泊3日でも満喫出来るタイパタヤのオススメ旅行ルートを紹介する

サラリーマンだからお盆やお正月の長期連休時にしかパタヤに行けない。。。本当は週末+有給でパタヤ旅行をしたいけど楽しめるかな。。。

どうも!年に2~3回は2泊3日の弾丸でパタヤに行ってしまうこーへぇーです。2泊3日でもパタヤは十分楽しめます。

この記事を見ているあなたは週末を使って弾丸でパタヤ旅行をしたいと思っている方ではないでしょうか?特に1人で弾丸パタヤ旅行に行ってみたい方は多いと思います。

しかし、2泊3日で行っても本当にパタヤを満喫できるのかな?時間的にも大丈夫なのかな?と疑問に思って行くのを躊躇していませんか?

これは非常にもったいないことです。人生損しちゃってます。

日本から1泊2日は行けなくもないですが超弾丸になるため、あまりオススメは出来ないですが2泊3日で行くのであれば十分パタヤを満喫することが可能です。

2泊3日であればサラリーマンの方でも土日+祝日または、土日+有給で気軽に行くことが可能です。

昨今ではエアーアジア等の格安LCCの台頭により、航空券の価格も格安になっています。

東京、大阪、名古屋、福岡等の主要都市からバンコクまで往復2万円でいけちゃう時代です。東京から名古屋までの新幹線代が往復2万なので国内旅行に行くのと変わらない時代になってきています。

こーへぇー
こーへぇー
僕はお盆、GW、年末の日本の長期連休時は航空券、ホテルがめちゃくちゃ高くなるため絶対に行きません。長期連休時はパタヤに日本人で溢れており、全然ゆっくり出来ないというのも長期連休時に行かない理由です。

そこで今回は3日も休みがあればパタヤに行ってしまう社会人の僕が2泊3日でも十分楽しめるオススメのパタヤ旅行ルートをご紹介していこうと思います。

こーへぇー
こーへぇー
この記事は読めば大型連休時にしかパタヤに行けないと思っている方も週末を使ってパタヤに行きたくなりますよ!

バンコク⇒パタヤの移動はケチらずにタクシーを利用しよう

バンコクにある空港から直接パタヤに行く方法はまずは下記の二つとなります。
・タクシー
・バス

長期旅行で時間がある方やお金を節約したい方であればバスで行っても良いですが、バスの乗車時間だけで約3時間近くはかかります。

また、バスで行く場合はスワンナプーム空港からであればパタヤへの直行バスが出ていますが、多くのLCC(エアーアジア等)の到着空港であるドンムアン空港からは直行バスは出ていません。

そのため、ドンムアン空港から一度スワンナプーム空港に行くか、市内にあるバスターミナルに行かなければなりません。一度スワンナプーム空港や市内のバスターミナルに行ってバスを待っている時間を考えるとトータルで5時間近くはかかると思います。

こーへぇー
こーへぇー
僕も貧乏バックパッカー時代に何回かバンコクからパタヤにバスで行ったことがありますが、バスはいつも満員で隣の席には他の乗客が必ずいたのでめちゃストレスを感じていました。隣の席が体臭がきついインド人とかだった場合はマジで地獄絵図です笑パタヤに行く前にテンション下がりまくりになります。

その点タクシーでパタヤに直接行く場合はドンムアン空港からであれば約2時間、スワンナプーム空港からは約1.5時間で行くことが可能です。※渋滞がない場合です。

2泊3日の短期旅行である場合は遊べる時間が限られているため、一分一秒が重要な世界になってきます。

ここはタイムイズマネーの精神でケチらずにタクシーで行くことをオススメします。

空港からパタヤにタクシーで行く場合の費用の目安は高速代を含めて下記となります。

ドンムアン空港⇒パタヤ 約2000バーツ(約7,000円)
スワンナプーム空港⇒パタヤ 約1500~2000バーツ(約5000~7000円)

 

1日目(到着日)

タクシーであれば隣の席のインド人の体臭も気にならないため、パタヤに到着したらテンションがマックスになります。

僕は2012年頃からパタヤに来ていますが、何回パタヤに来ても体全体が高揚感いっぱいになります。

初めてパタヤに訪れる方は昼間っからバーでお酒を飲んでいる外国人を大量に見て「ここは天国かよ」と思うかもしれません。

ホテルにチェックイン・もしくは荷物をホテルに預ける

パタヤに到着したらまずはホテルにチェックインをして荷物を部屋に置いておきましょう。

通常ホテルは14時にチェックイン可能になりますが、ホテルの空き状況によっては14時前でもアーリーチェックインをしてくれるホテルもあります。

14時以降でないとチェックイン出来ない場合でもホテルに荷物を預けることは可能なので貴重品だけ持って後はホテルに預けておきましょう。

まだパタヤのホテルを探していない方はまずは予約しましょう!

⇒agodaでパタヤのホテルを確認する
⇒エクスペディアでパタヤのホテルを確認する
⇒ブッキングドットコムでパタヤのホテルを確認する

タイマッサージに行く

日本から飛行機の長旅は体は疲れているはず。長時間のフライトでもなかなか飛行機の中だと寝れない方も多いでしょう。

そのため、まずは疲れを取るためにホテルにチェックイン後はタイマッサージに行きましょう。パタヤには多くのタイマッサージ屋があるため、適当に歩いていれば見つかるはずです。

どこに行っても金額、施術内容に大差はないので適当に歩いていて気になったマッサージ屋に行けば良いでしょう。

金額も1時間約200バーツ(約700円)と格安で受けれるので思い切って2時間ガッツリマッサージをやってもらうのも良いです。

こーへぇー
こーへぇー
僕は疲れている時はオイルマッサージ1時間+フットマッサージ1時間をよくやります。これでも約500バーツ(約1700円)と激安なので疲れをガッツリ取りたい人にはオススメです。

パタヤでの1時間辺りのマッサージの相場は下記になります。

タイマッサージ 200バーツ(約700円)
フットマッサージ 200バーツ(約700円)
オイルマッサージ 300バーツ(約1000円)

フェイシャルマッサージに行く

日本人にはあまり知られていないですが、パタヤには多くのフェイシャルマッサージ屋があり外国人に大人気です。

フェイシャルマッサージでは顔の角質や黒ずみを取ってもらうことが出来ます。これが女性向けと思いきや男性にも大人気です。

実際にやってもらうと分かりますが、顔の黒ずみがごっそり無くなって気分爽快です。

僕はいつもマイクショッピングモールの中にある「TAKASHITOKYO」に行っています。セントラルフェスティバルというヒルトンホテルの隣にあるパタヤ最大級のショッピングセンター内にもあります。

もし興味がある方はぜひ行ってみてください。施術はちょっと痛いですが、男性にも女性にもオススメです。

あわせて読みたい
パタヤのフェイシャルマッサージに行ったのでレポする【痛い】日本では興味がないが、タイに行くと開放感からか日本ではしないようなことをしたい人は多いはずです。 パタヤでは昼間にやることがあまり...

ビーチ沿いのバーでまったりと

パタヤのビーチロード沿いには昼間からやっているバーが無数にあります。昼間からお酒なんて。。。と思うかもしれません。

しかし、パタヤではこれが普通です。毎日毎日平日も休日も関係なく、昼間っからみんなビールを飲んでぐだぐだしています。これこそがパタヤです。

バーには一人でゆったり飲んでいる欧米人がたくさんいるので一人で行っても問題ありません。

こーへぇー
こーへぇー
昼間のパタヤビーチ(あんまり綺麗じゃないですが笑)や道沿いを歩く人間を見ながらのお酒はストレスがぶっ飛びます!

ウォーキングストリートで夜遊び!

夜になったらパタヤの代名詞であるウォーキングストリートに繰り出しましょう!大体20時くらいから歩行者天国になり、盛り上がってきます。

ウォーキングストリートはクラブ、ゴーゴーバー、レストラン、バーと何でも揃っているパタヤNo1の歓楽街です。

ゴーゴーバーが好きな人は何店舗も周るのも良し、クラブ好きの方であればお好みのクラブで踊り狂うのも良しとウォーキングストリートに行けば充実したナイトライフを送れること間違いなしです。

こーへぇー
こーへぇー
一人でウォーキングストリートで遊んでいる方もたくさんいるのでいるので恥ずかしがらずに攻めていきましょう!僕はいつもほとんど一人です笑
あわせて読みたい
パタヤのゴーゴーバーに行く前に知っておきたい7つの事【2019年度版】パタヤの夜遊びといったらゴーゴーバーです。 まずはゴーゴーバーで遊ばなければパタヤの夜遊びは語れないといって良いほどパタヤにはゴー...
あわせて読みたい
【2019年度最新版】クラブ好きが行くべきパタヤのオススメクラブ5選パタヤにはたくさんのクラブ(ディスコ)があります。 その数はパタヤだけでも10箇所以上あります。その多くはパタヤ一番の歓楽街である...

2日目(完全フリー)

さて、ナイトライフを満喫した次の日は終日フリーの日です。この日は二日酔いで大変かもしれませんが、2泊3日の短期旅行の場合は時間を有効活用するためになるべく早起きをするようにしましょう。

こーへぇー
こーへぇー
早起きといっても11時くらいでも全然OKです笑

アクティブティを体験!

パタヤは夜遊びだけの街ではありません。シュノーケリング、ゴーカート、バンジージャンプ、パラセーリングー等豊富なアクティビティを体験することが出来ます。

その中で一人でも気軽に体験出来るのが
・パラセーリング
・シューティング
・ゴーカート
の3つとなります。

特に僕がオススメなのはパラセーリングです。

パラセーリングとはパラシュートを装着して上空を飛ぶマリンスポーツです。パタヤのビーチサイドを歩いていると声をかけている呼び込みの男性がいるので話してみましょう。

最初は1000バーツ(約3500円)とか言ってきますが、これはぼったくり価格なので交渉しましょう。大体500~600バーツ(約1700~2000円)までは下がります。

こーへぇー
こーへぇー
上空から見るパタヤビーチは圧巻ですよ。日本でパラセーリングをやったことがない方はぜひこの機会にパタヤでパラセーリングデビューをしましょう!
あわせて読みたい
パタヤで気軽に体験出来るオススメのアクティブティー3選 あなたはパタヤには数多くのアクティビティはあることをご存知ですか? パタヤはウォーキングストリート等の夜の街のイメージが強...

夜はお洒落なルーフトップバーでまったりと

バンコクにはたくさんのルーフトップバーがあり有名ですが実はパタヤにもお洒落なルーフトップバーがいくつかあります。

有名なのはヒルトンホテル34階にある「Horizon」です。ヒルトンに宿泊していない方でも利用することが可能です。

ドリンクは少々お高めですが、Horizonからパタヤビーチを180度見渡すことが出来るのでお酒を飲みながらまったりするのは最高な場所です。

あわせて読みたい
【2019年度最新版】パタヤのオススメルーフトップバー3選 タイの首都バンコクにはたくさんのルーフトップバーがあり、ネットで調べればたくさんの情報が出てきます。バンコクに訪れた事がある方は...

3日目(帰国日)

十分パタヤを満喫したところで最終日はお土産を購入しましょう。帰国は目前ですがパタヤにいる1分1秒を大切にしましょう。

おみやげはショッピングモールでOK

最終日はショッピングモールでお土産を購入しましょう。

僕は何回もタイに通って思いましたがその辺にあるお土産屋より、ショッピングモールでお土産を購入した方が良いという結論に至りました。

理由はその辺にあるお土産で売っている物は品質が悪いからです。衣類、小物類は特に品質が良くないと思います。その点ショッピングモールで売っている物は値段は少々高いですが、品質やデザインが良いです。

こーへぇー
こーへぇー
食べ物、置物、タイパンツとかであればどこで購入しても良いと思います。

パタヤにある主要なショッピングモールは
・セントラルフェスティバル
・ターミナル21
の二つとなります。

どちらにもタイにしかないブランドのショップがいくつかあるのでそういったとこでお土産を購入することをオススメします。

あわせて読みたい
【2019年度版】パタヤでお土産を買えるオススメのショッピングモール3選 パタヤは観光地のため、世界中からの多くの旅行者が来ています。 そのため歩いていれば何かしらのお土産屋を発見すること...

まとめ

さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?

2泊3日でも十分パタヤを満喫出来る事を分かっていただけたと思います。個人的には刺激を求めるのであればバンコクより、パタヤに行った方が良いです。

休みがないと嘆いているサラリーマンの方もこれを機会に一度2泊3日のパタヤ旅行に行ってみてはいかがでしょうか?

きっとあなたが抱えているストレス等は全部ぶっ飛びますよ。

こーへぇー
こーへぇー
一度パタヤは2泊3日でも楽しめると分かれば3連休が近くなるとついついタイ行きの航空券を探してしまうようになります笑

⇒agodaでパタヤのホテルを確認する
⇒エクスペディアでパタヤのホテルを確認する
⇒ブッキングドットコムでパタヤのホテルを確認する

ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
愛知県在住の20代。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまって堕落の道まっしぐらです。。。⇒詳しいプロフィールはこちら