ビキナイ・アジア
初心者のためのタイ、東南アジアの夜遊び情報、お役立ち情報を紹介していきます。
アクティブティ

【1人OK】パタヤで気軽に体験出来るオススメのアクティブティー3選

パタヤ旅行者
パタヤ旅行者
パタヤで出来るオススメのアクティブティは何があるの?昼間はあまりやる事ないからアクティブティを楽しんでみたい!1人でも気軽に体験出来るのが良いかな。

あなたはパタヤには数多くのアクティビティはあることをご存知ですか?

パタヤは夜の街のイメージが強いですが、世界中から旅行者が来るだけあって1人でも気軽に体験出来るアクティブティも豊富にあります。

せっかくパタヤに来たのであれば夜だけではなく、昼も思いっきり楽しみたい。ただ、短期滞在のため、あまり遠いとこには行きたいないし、なるべくサクッと体験できるのが良い。。。そう思う方も多いはずです。

そこで今回はパタヤで気軽に体験出来るオススメのアクティブティ3選をご紹介していこうと思います。

パラセーリング

 

View this post on Instagram

 

#parasailingpattaya #pattaya #pattaybeach #parasailing

Bob Choさん(@cho_bob)がシェアした投稿 –

パラセーリングはパラシュートを装着してモーターボートに引っ張ってもらい、海の上を飛ぶスポーツの事を言います。パタヤでも最もお手軽に出来るアクティブティではないでしょうか?

飛行時間は約10分程度と短いですが、天気が良ければ上空から見るパタヤビーチは圧巻の光景です。

場所

パタヤでパラセーリング可能な場所は多数あります。ビーチから直接飛ぶ訳ではなく、ビーチから少し離れたところにパラセーリング会場があるため、そちらまでボートで行くことになります。

もしあなたがパタヤ中心地に宿泊しているのであればビーチロード沿いから少し離れたパラセーリング会場から飛ぶことをオススメします。

価格帯・手順

パラセーリングはパタヤに無数にある旅行代理店やビーチロードにいる呼び込みの男性から申し込みをします。

どちらから申し込んでも良いですが、すぐに体験したいというのであればビーチロードでアクティブティの呼び込みをしている男性から申し込みましょう。

価格帯は最初は1人800~1000バーツと言ってきますが、これは高いです。大体500~600バーツくらいまでは下がるので価格交渉をしましょう。

申込が終わったら、パラセーリング会場に向かうために呼び込みの男性が呼んでくるボートで迎えにきてもらいます。

パラセーリング会場には約5分~10分くらいで到着します。パラセーリング会場についたら会場にいるスタッフからライフジャケットをもらいます。これは万が一海に落ちてしまった時に溺れないためですね。

また、持ち物を持っては飛べないため、スマホ等はパラセーリング会場にある持ち物カウンターに預けることになります。

自分が飛ぶ順番が来たらスタッフが誘導してくれるため、それまでは待っていましょう。自分の順番が来たらパラシュートと誘導用のロープをスタッフに装着してもらい、飛ぶ準備をします。後はインストラクターみたいな人が船で誘導してくれるので安心して飛ぶことが可能です。

こーへぇー
こーへぇー
飛ぶ前後はちょっと怖いですが、飛んでいる最中はアドレナリンMAXでハイになります笑

シューティング

 

View this post on Instagram

 

Shooting range of pattaya city gang. #shootingrangepattaya#pattaya#thailand#eazye#compton#losangeles#

Samuel Philoclesさん(@samuelphilocles)がシェアした投稿 –

日本でその場で本物の銃をレンタル出来て実弾を撃てる場所は聞いたことがありません。しかし、ここパタヤでは実弾を撃てる射撃場がいくつか存在しています。

実弾を撃ったことがあるという人はほとんどいないため、日本の良い土産話にもなるのではないでしょうか?

場所

パタヤには主に射撃が出来る場所は3か所あります。

パタヤシューティングパーク

一人で行くのであれば少しパタヤ中心地から遠いですが、パタヤシューティングパークをオススメします。

旅行サイトのトリップアドバイザーでも評価は高いです。

シューティングレンジ

2人以上で行くなら下記地図のターミナル21方面にあるティファニーというニューハーフショーに併設されている「シューティングレンジ」がオススメとなります。

シューティングレンジは保証人が必要で1人で行っても撃たせてもらえないので注意が必要です。

ラン島にある射撃場

ラン島にも射撃場があるため、ラン島に行くのであればぜひ行ってみてください。パタヤの中でも一番安く実弾を撃つことが出来ます。

価格帯・手順

価格帯についてはどの銃を使用して、何発撃つのかで変わってきますが、どこの射撃場に行っても大体は一人当たり約500バーツ~4000バーツとなります。値段交渉は出来ません。

参考までに各射撃場の一番安いプランの価格を比較すると下記になります。
・ランにある射撃場:22口径(10発)450バーツ
・パタヤシューティングパーク:22口径(25発)1200バーツ
・シューティングレンジ:22口径(10発)800バーツ

初めての方で22口径の一番安いプランでも十分に楽しめると思います。

プランを選んだら、専門のインストラクターが銃の持ち方、構え方、撃ち方を教えてくれるくれます。英語やタイ語で教えてもらうことになりますが、喋れなくても身振り手振りで何とかなるため、ご安心していただけます。

銃を撃つ時に音がかなり響くため、ヘッドフォンみたいなものを装着して銃を撃つことになります。このヘッドフォンは絶対に取らないようにしてください。

こーへぇー
こーへぇー
僕は撃った直後は30分くらいは耳の鼓膜がおかしくなっていたのでヘッドフォンを装着しないで撃ったら、おそらく破れちゃうじゃないかと思いました。

ゴーカート

パタヤにはゴーカート場もあります。子供の頃にちょっとした遊園地で運転したことがある人もいるのではないでしょうか?

70キロまでスピードを出せるゴーカートもあるため、爽快感は半端ないです。

場所

場所は「EasyKart」という2004年に出来たバンコクやサムイ島にも支店があるタイでは有名なゴーカード場となります。

ウォーキングストリートから約300mくらいの場所にあるため、アクセスは良いです。

価格帯・手順

価格に関してはビギナーコースとレーシングコースの2種類から選びます。

ビキナーコースは9歳以上の子供も乗れることが出来て初心者向けのため、初めてであればビギナーコースを選ぶことをオススメします。

こーへぇー
こーへぇー
僕も初めての時はビギナーコースを選択しましたが面白すぎてその日にレーシングコースも体験しました笑

走行するまでの手順としては2階にある受付でコースを選び、登録申請書を記載するだけです。
※コース表も登録申請書も日本語の書式があるため、全く英語が出来なくても問題ないです。

登録申請書を受付に出したらロッカーの鍵とヘルメット下に被るヘアネットをもらい、コースがある1階に降ります。降りてからはヘルメットを借りて後は走る順番を待つだけです。

靴を履かないとカートは運転出来ないため、サンダルで行った場合は靴をレンタルする必要があります(約100バーツ)

ビキナーコース(初心者用)

年齢:9歳以上
最高速度:40キロ
コース距離:350メートル
1回分500バーツ~
※1回は8分間

レーシングコース(上級者向け)

年齢:15歳以上で150センチ以上必要
最高速度:70キロ
コース距離:850メートル
2回分1300バーツ
4回分1950バーツ
10回分3700バーツ
20回分7000バーツ
※1回は8分間

まとめ

今回ご紹介したアクティブティは全て僕も体験したことがあり、1人でも気軽に参加出来ます。

全て所要時間が1時間もあれば終わるため、連日の夜遊びでなかなか朝早く起きれない方もサクッと体験することが可能です。

こーへぇー
こーへぇー
個人的にはパラセーリングがかなり良くて何回やっても飽きません。パタヤに来るたびに一度はやってしまいます。

日本ではなかなかアクティブティをしないという方もパタヤ滞在を100%満喫するために何かしらに参加してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
20代後半で東海圏に住んでいる零細メーカーのサラリーマン。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまい、それ以降は東南アジアの様々な魅力に取りつかれてしまいました。。。⇒詳しいプロフィールはこちら