タイ旅行

パタヤでアパート・コンドミニアムの借り方・エリア別特徴まとめ

パタヤで物件を借りて長期滞在してみたい!

パタヤでアパートやコンドミニアムを借りて長期滞在したい方は多いのではないでしょうか?

ただどうやって借りれば良いのか分からずにあきらめかけてしまっている方も多いと思います。

僕は実際にパタヤのBASEというコンドミニアムを借りて半年間滞在しましたが、最初に賃貸物件を探す際はどうすれば良いのかわからず苦労しました。

そこで今回はパタヤでアパートやコンドミニアムを借り方・エリア別の特徴・オススメのコンドミニアムをご紹介していきます。

パタヤのアパート・コンドミニアムについて

パタヤには長期滞在向けのアパートやコンドミニアムが多数あります。

パタヤというかタイの賃貸物件の非常に良い点はほとんど全ての物件に最初から家具家電がついており、すぐに入居することが可能です。

契約期間は1週間からあり、最初に契約期間を決めていきます。

家賃の幅も広く、安いアパートだとマンスリータイプの物件で月々5000バーツ(約1.7万円)くらいからあります。

実際に僕が住んでいたBASEという物件は当時の家賃で2万バーツ(約7万円)でした。
※現在はお部屋のタイプでも変わってきますが、ネット上の情報だと1.5万バーツ(約5.2万円)で借りれます。

ジム、プール付きでさらに屋上にフリーWIFIがある作業スペースもあり、とんでもなく快適でした。

日本だと家賃が軽く15万円以上はしそうな物件でしたが、パタヤだとこのような物件が格安で借りることが可能です。

パタヤのアパート・コンドミニアムの探し方について

パタヤでアパートやコンドミニアムを探す際には下記の2パターンがあります。
①自分の足で物件を見て直接オーナーに交渉して借りる
②賃貸業者に行って物件を紹介してもらう

英語でコミュニケーションが取れる方は自分で直接探してオーナーから借りる。
自信が全くない方はパタヤにある賃貸業者を使いましょう。

実際に僕は直接物件を見たりしていましたが、最終的に日本人がいる賃貸業者に物件を紹介してもらい契約をしました。

価格帯が安いアパートは賃貸業者が扱っていない場合が多いため、格安アパート(1万バーツ以下)を借りたい方は自分で物件を探して、直接借りましょう。

自分で直接探す場合はどうする?

これはひたすらパタヤの町を歩き、自分で物件を見て気になる物件を見つけたらそこにいる管理人やオーナーに「部屋を借りたいから見せてくれ!」と言えば部屋を見せてもらえます。

そして実際に部屋を見て気に入れば契約をしましょう。

契約に関しては日本と違って煩わしいこともなく、その日に契約してすぐに入居する事も可能です。

必要な物は物件によって多少変わってきますが、下記を求められることが多かったです。
・パスポート
・家賃2ヵ月分(内1ヵ月分はデポジットで退去する際に戻ってくることが多い)

契約書に関しても名前と国籍と生年月日を書くだけの簡易的な書類のため、すぐに終わります。

契約が終わればその場で鍵を受け取れることも可能のため、すぐに入居することが可能です。

賃貸業者にお願いする場合は?

パタヤには不動産賃貸業者が多数あります。

ほとんどの賃貸業者は英語対応はできますが、日本語対応できる業者は非常に少ないです。

実際に日本人がいる業者は僕が知っている限り2社しかありません。

僕が物件を探した際にお世話になったのは会社はカラーズという日本人が経営している会社です。
カラーズパタヤ

この会社を経営している小川さんは若干24歳ながら単身でパタヤに乗り込み、タイ人女性と結婚してパタヤに移住した強者です。

小川さんは現地の慣習にも詳しく格安~高級コンドまで知識量がすごいので予算に応じた物件を紹介してくれると思います。

僕は実際にタイに出発する前にHP上からアポイントを取り、当日に物件をいろいろ案内してもらって最終的にその日でBASEに決めました。

契約の際も直接契約する場合と同じで以下の物が必要でした。
・パスポート
・家賃2ヵ月分(内1ヵ月分はデポジットで退去する際に戻ってくることが多い)
※ただし短期解約する場合はデポジットは戻ってきません。

WIFIを契約する場合は別で月500バーツ(1700円)くらいかかった記憶があります。

また別で電気代と水道代もかかりますが大体電気代が月1000~2000バーツ(約3000~7000円)、水道代が300バーツ(約1000円)くらいでしたね。

パタヤのコンドミニアムの家賃の支払い方法は?

家賃の支払い方法については基本的には現金・小切手・銀行振り込みが多いです。

物件によって支払い方法が違ってくるため、確認しましょう。
僕の場合は賃貸業者からの仲介で借りていたので、一か月分毎に賃貸業者に行き、電気代+家賃を支払っていました。

水道代に関しては毎月ポストに請求書が投函されており、コンビニで支払っていました。

パタヤのコンドミアムの退去時はどうする?

退去する場合は日本と同じく一か月前くらいには退去する旨を伝えましょう。

直接オーナーや管理人から借りた場合はどちらかに退去する旨を話、賃貸業者から借りた場合は賃貸業者に伝えましょう。

退去時は日本と同じように一度業者やオーナーの方と立ち合いをして部屋に傷がないかチェックします。

そして傷があれば最初に支払ったデポジットから傷の補修費用が引かれます。

家具家電の傷もチェック項目に入るため、ひどく傷つけてしまった場合は最初に支払ったデポジット代を大きく超えてしまう場合もあります。

僕の場合は半年間という期間ということもあったため、ハウスクリーニング代と床に少し傷をつけた補修費用で合計3000バーツ(約1万円)くらいで済みました。

パタヤのアパート・コンドミニアムのエリア別特徴

アパート・コンドミニアムが密集しているエリアは下記の3つになります。
それぞれの特徴があるため、参考にしてください。

パタヤ中心地(セカンドロード沿い)

ビーチロード周辺にはコンドミニアムはほとんどなく一本奥に入ったセカンドロード沿いに多くないですが、コンドミニアムやアパートがあります。

家賃は立地が良いため他のエリアと比べて比較的に高いですが、周辺にはショッピングモール、バー、レストラン、マッサージ等何でも揃っているため、生活は非常にしやすいです。

予算に余裕がある方であればパタヤ中心地にコンドを借りるのをオススメします。

こーへぇー
こーへぇー
予算があってウォーキングストリードが好きな方は中心街の物件を選びましょう。

ソイブッカオ周辺

この辺りは格安アパートが非常に多いです。価格帯は5000バーツ~から見つけることが可能です。

ヨーロッパ系の年配者の沈没エリアとして有名です。

上記の赤いピンの周辺に多数、格安アパートがあるため、自分で歩いてみて確認してみてください。

周辺には格安のローカル食堂等も多く、生活費はかなり抑えることが出来ます。

こーへぇー
こーへぇー
とにかく費用を抑えて滞在したいという方にとってはソイブッカオはオススメするエリアです。

ジョムテインビーチ周辺

ジョムテインビーチはロシア人の長期滞在者に非常に人気があるエリアです。

ウォーキングストリートやパタヤ中心地からはかなり離れるため、立地は良くないですが、グレードの高い物件をかなり安く借りれることが可能です。

上記赤ピンの周辺に多数のコンドミニアムがあります。

こーへぇー
こーへぇー
パタヤ中心部の喧騒から離れてとにかくゆっくりしたい!という方にはオススメするエリアです。

パタヤのオススメのコンドミニアム

それではパタヤにあるオススメのコンドミニアムを3件ご紹介していきます。こちらで紹介するコンドは日本人にも人気があり、実際にホテルサイトからの予約可能で宿泊も可能なコンドミニアムです。

一度宿泊してみてコンドの設備、部屋、周辺環境等を見てから比較検討することをオススメします。

View Talay 6(ビュータレー6)

ビュータレー6は2009年に出来た27階の高層コンドミニアムでヒルトンホテル、セントラルフェスティバルが目の前にあり、立地は文句なしでパタヤNo1のコンドミニアムです。

賃料は約2.2万バーツ~(約7.6万)からです。

こーへぇー
こーへぇー
高層の部屋ではベランダからパタヤビーチを一望することも出来て立地も最高であったため、こちらを借りたかったのですが、たまたま空いている部屋が低層しかなかったため泣く泣く断念しました。

コンドミニアム内にはプール、ATM、マッサージ店、カフェ、レストラン、ミニコンビニ等があり何でも揃っています。いくつか不動産屋も併設されているため、気に入ったらすぐに契約も可能です。

宿泊サイトからはスタジオシービューの部屋が約5000円前後で宿泊可能です。ベランダからの景色は本当に最高なので一階宿泊するとおそらく借りたくなってしまいます笑

あわせて読みたい
パタヤのオススメコンドミニアム「ビュータレー6」を紹介【宿泊可能】 今回は僕がパタヤ滞在時によく宿泊する高層コンドミニアム「ビュータレー6」をご紹介していきたいと思います。 ビュ...

⇒adodaで空室状況と料金を確認する
⇒エクスペディアで空室状況と料金を確認する
⇒ブッキングドットコムで空室状況と料金を確認する

The BASE(ベース)

冒頭の方でも少しご紹介しましたが、僕が実際に約半年間住んでいたコンドミニアムです。

2016年に完成した築浅物件で家賃が約2万バーツでした。ソイブッカオ、ソイソニー、ウォーキングストリートと全て徒歩圏内で立地は抜群に良いです。

また、徒歩約1分の場所にセブンイレブン、周辺にレストランもたくさんあるため、生活にも全く困りません。

ジム・プール付きで屋上に快適な共用のスペースもあり、セキュリティも24時間体制で文句のつけようのない物件でした。

現在は1bedroomで約1.5万バーツ~(約5.2万)から借りることが出来ます。

宿泊サイトでは最安値で1泊3500円前後というかなり格安で宿泊できるため気になった方は一度宿泊してみてから決めるのが良いと思います。

⇒adodaで空室状況と料金を確認する
⇒エクスペディアで空室状況と料金を確認する
⇒ブッキングドットコムで空室状況と料金を確認する

Centric sea(セントリックシー)

こちらの物件もパタヤの中心地のセカンドロード沿いにあります。
BASEと造りが非常によく似ており、2015年築の物件でジム・プール付きです。
家賃も1.5万バーツ~(約5.2万)からあります。

こーへぇー
こーへぇー
僕が最終的に物件を借りるときはBASEとこちらの物件で非常に迷いましたが、BASEのが利便性が良く、ウォーキングストリートにも近いという理由でBASEに決めました。

こちらの物件は民泊の規制が非常に厳しく旅行サイトからはブッキングドットコムからしか予約が出来ないです。また1泊での宿泊は不可で最低でも3泊はする必要があります。価格は1泊辺り約5000円~です。

⇒ブッキングドットコムで空室状況と料金を確認する

まとめ

さて今回の記事はいかがでしたでしょうか?

パタヤでアパートやコンドミニアムは日本で物件を借りるのに比べて家賃も安く、手続きも簡単です。

借りる際は1件だけ見てすぐに決めるのではなく、最低でも2件以上は物件を見ましょう。
そこで借りる前に実際に気になった物件に宿泊してみるのも良いです。

宿泊すればどんな人が住んでいるのか分かるし、周辺環境や共用部の設備もチェックすることが可能です。

今回僕がオススメした3つのコンドミニアムは日本人にも人気が高く住んでいる方も多いのでぜひあなたも長期滞在する前に一度宿泊をして検討してみてはいかがでしょうか?

こーへぇー
こーへぇー
個人的には高層階に空室があればビュータレー6をオススメします!

⇒adodaでビュータレー6の空室状況と料金を確認する
⇒エクスペディアでビュータレー6の空室状況と料金を確認する
⇒ブッキングドットコムでビュータレー6の空室状況と料金を確認する

ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
愛知県在住の20代。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまって堕落の道まっしぐらです。。。⇒詳しいプロフィールはこちら