ブログ・思ったこと

海外夜遊び初心者はタイに行け!僕がタイをオススメする7つの理由

海外夜遊びデビューしたい人
海外夜遊びデビューしたい人
一人で海外夜遊びデビューしたいけどどこの国がいいんだ!色々と不安もあるし。。。
こーへぇー
こーへぇー
僕は20歳の時にタイで夜遊びデビューをしました。海外夜遊び初心者は迷わずタイで決まりです!

海外で夜遊びデビューをしたいあなたはどこの国が気になっていますか?

アジアだけでもタイ、フィリピン、インドネシア、中国、香港、韓国、台湾等、いろんな国で夜遊びすることが出来るのでどこに行けば良いのか迷いますよね。

現地に知り合いや友達がいれば良いですが、一人だとなかなか一歩を踏み出せない方も多いと思います。

そこで今回は一人で海外夜遊びデビューを考えている方に向けてなぜタイが夜遊び初心者に最適な国なのかご紹介していきます。

タイは日本人好みの女の子が多い

夜遊びでかなり重要な点になってくるのは女の子の可愛さです。

タイでは日本人好みの可愛らしい子がたくさんいます。タイの女の子の可愛さはアジアNo1といっても過言ではないくらいです。

上記画像のタイの女の子は素人ですが、夜の女の子にもこれくらいの可愛い子はたくさんいます。

タイは夜遊びのバリュエーションが豊富

ゴーゴーバー、マッサージ、置屋、カラオケ、クラブ、マッサージパーラー等、タイは夜遊びに関しては男の楽園とも呼べる国です。

夜遊びの種類はたくさんありますが、海外夜遊び初心者に最もオススメなのはゴーゴーバーです。

ゴーゴーバーとはタイで国内では最もポピュラーな夜遊びで首都であるバンコク、リゾート地であるパタヤやプーケットにたくさんのゴーゴーバーあります。

あわせて読みたい
バンコクのゴーゴーバーで遊ぶ前に知っておきたいこと【2019年度版】バンコクには様々の夜遊びがありますが、日本人に一番有名なのは何といってもゴーゴーバーでしょう。 ゴーゴーバーはバンコクの有名な夜遊...

お手頃な価格で夜遊びを楽しむことが出来る

タイの夜遊びはリーズナブルです。

参考までにゴーゴーバーでは入場料が無料で女の子へのドリンクを奢ったとしても1杯200バーツ(750円)くらいです。

しかもゴーゴーバーでは一緒に飲んで女の子が気に入ればその場でお持ち帰りすることの可能です。

お持ち帰りをしたとしても大体3000~5000バーツ(1~1.7万円)のため、比較的にリーズナブルです。

日本のキャバクラやガールバーでは女の子をお持ち帰り出来ない上に1セット5000円~とかで女の子のドリンクが一杯2000円以上もしたりします。

そのため、GOGOBARに行くと日本のキャバクラとかに行くのが本当に馬鹿らしくなります。

また、日本みたいにぼったくりキャバクラやガールバーもほぼないため、法外な請求をされることはほとんどありません。

タイは治安が比較的に良い

タイの治安を気にしている人
タイの治安を気にしている人
タイの治安ってどうなの?

海外夜遊び初心者にとってはその国の治安も重要な点となってきます。

タイの治安は東南アジアの中でもかなり良い方です。

参考までにタイでの殺人事件は2015年時点で2,315件(殺人未遂は除く)発生しています。(参照:NewsClip.be)

この数字は日本での殺人事件の件数は年間で300件~400件のため、日本に比べると非常に多いです。

これだけ殺人事件が起きていますが、そのほとんどはタイ人同士での事件が大半を占めるため普通に旅行をしている分にはまず巻き込まれる心配もありません。

旅行者が特に気をつけてほしいのは強盗等の軽犯罪です。

データは4年前のものになり少し古いですが2014年の日本人被害件数は

殺人(未遂含む):0件
暴行・傷害:10件
窃盗・強盗・詐欺:308件

で圧倒的に窃盗・強盗・詐欺の数が多いです。

実は僕はタイに初めて訪れた時に2日目でバンコク市内で睡眠薬強盗にあって、所持金全部とパスポートを盗まれました。

こーへぇー
こーへぇー
地球の歩き方に「知らない人には絶対ついていかない」と書いてあったのにほいほいとついていってしまいました。。。

今となってはいい思い出ですが、ちょっと浮かれたりしてハメをはずしたりすると強盗等はあいやすいので注意しましょう。

タイは物価が安い

タイの物価はインフラ傾向にあり、年々上昇していますが全体的に日本よりもまだ安いです。

感覚でいうと日本の物価の半分くらいではないでしょうか?

もちろん日本より高いものもありますが、旅行者が特に費用を使う以下の3つを例にご紹介していきます。

ホテル代

上記画像は僕がいつもバンコクで滞在すると必ず泊まるホテル「Modena by Fraser Bangkok」です。

日本だと3万円以上もかかりそうなホテルですが、バンコクであればこのようなグレードのホテルでも1万円以下で宿泊することが出来ます。

タイでは宿泊費は安く、1万円以下でも十分良いホテルに泊まることが可能です。

日本に比べると首都バンコクや観光地のパタヤではホテル開発がかなり進んでおり、供給過多気味で価格も日本より安いです。

時期にもよりますが、2万円以下で有名なヒルトンホテルに宿泊することも出来ます。

食費

タイの食事といえば屋台のローカル飯です。

味付けも日本人に合っていて、とてもおいしいものばかりです。

僕は3食、屋台飯でも全く問題ありません。
この屋台飯ですが、大体1品50~100バーツ(170~350円)です。

衛生面が不安の方
衛生面が不安の方
確かに安く抑えたいけど衛生面に不安があるけど。。。

屋台飯だと衛生面が不安の方はショッピングモールにあるフードコートに行きましょう。

フードコートーでも屋台と同じように1品辺り50バーツ(170円)から食べることが出来ます。

高級なお店に行かない限り、3食食べても1日1000円以内に抑えることも可能です。

タイ飯が苦手な方でもタイでは日本食レストランから洋食レストランが至るところにあるので食事には困ることはないでしょう。

こーへぇー
こーへぇー
タイには吉野屋、ココイチ、大戸屋等のチェーン店も多数あります。

マッサージ代

タイには至るところにマッサージ店があります。バンコク、パタヤ、プーケット等の観光地には格安マッサージ店がいくつもあります。

こういった観光地では外を歩いていれば散策していれば何店舗ものマッサージ店を探すことが出来るでしょう。

健全のお店からちょっとエッチなお店まであります。

健全なマッサージ店では1h200バーツ(700円)からマッサージを受けることが出来ます。

こーへぇー
こーへぇー
僕は短期で旅行に行く時は毎日マッサージを受けています。

タイは英語が喋れなくても何とかなる

英語が喋れないから海外は不安という方は非常に多いでしょう。

ただバンコクに関しては在留日本人が現在約6万人以上ももいることから日本語レストランや日本語が通じる場所が多数あります。

夜の女の子に関しても日本語が喋れる子が多数いるため全く英語やタイ語が喋れなくても遊ぶことは出来ます。

もちろん英語やタイ語を喋れる方が女の子とコミュニケーションを取れるためより一層楽しめることは間違いないですが、中学校の時に覚えたちょっとした単語だけで何とかなります。

こーへぇー
こーへぇー
僕は夜の女の子とコミュニケーションするために英語を勉強し始めました

タイは親日である

タイは東南アジア1、2を争うほどのかなりの親日国です。

タイが親日である理由としては
・日本の文化や物が好きなタイ人が多い
・タイと日本の経済の結びつきが強い(車、工業関係等)
・日本食が好きなタイ人が多い

以上があげられます。

特にバンコク市内を歩いていると分かりますが街中に日本食レストランや日本語看板のお店が溢れています。

タイ人に日本人が悪い印象を持たれるということはまずないため、旅行、夜遊びは非常にしやすいです。

日本人であるということを伝えるだけで喜んでくれる夜の女の子もいるくらい日本人のブランド力はタイで強いです。

こーへぇー
こーへぇー
タイに通って約8年になりますがタイで日本人だからといって差別されたことは一度もありませんね。

まとめ

さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?

タイは夜遊びが面白いのはもちろんですが、普通に観光してもめちゃくちゃ面白い国なので飽きません。

2017年にタイを訪れた日本人旅行者は150万人を突破して年々タイへ旅行する人は増えています。

外国人旅行者全体で言えば何と2017年で3,400万と日本に来る外国人観光客の約2,900万人を超えています。(参照:グローバルニュースアジア

昨今では日本からエアーアジア等の格安LCCが発達してくれたおかけでタイまで往復2万以下で行けてしまう時代になりました。

まだタイで夜遊びしたことがない人は人生損していると思うのでぜひ海外夜遊び初心者はタイに行きましょう。

タイ童貞
タイ童貞
よし!俺もタイで夜遊びデビューするぞ~
こーへぇー
こーへぇー
タイの夜遊びにはまりすぎて抜けれなくなる人も多数いるのでほどほどに!
ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
愛知県在住の20代。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまって堕落の道まっしぐらです。。。⇒詳しいプロフィールはこちら