ビキナイ・アジア
初心者のためのタイ、東南アジアの夜遊び情報、お役立ち情報を紹介していきます。
タイ旅行

喫煙者の僕がタイのタバコ事情をまとめてみた【2019年度】

タイでのたばこ事情ってどうなってんの?

喫煙者の方は下記のような疑問が浮かんでくると思います。
・日本からどれくらい持ち込めるの?超過した場合は?
・電子タバコはどうなの?
・どこで購入するの?価格は?

・喫煙場所や禁煙場所は?
・歩きタバコやポイ捨ての罰則は?
・タイ人は喫煙者に対してどう思ってるの?

実はタイでのタバコ事情は日本より厳しく、禁煙化がかなり進んでいる国です。

うっかり夜の繁華街等でタバコをポイ捨てをしたら警察から「罰金だ!」なんてことを言われることもありえます。

そこで今回はタイでのタバコ事情についてご紹介していきます。

日本からタバコはどれくらい持ち込めるの?超過した場合は?

日本や海外からタイ国内にタバコを持ち込む場合は1カートン(紙巻タバコ200本)までとなっています。

そのため空港内の免税店で購入する場合は1カートンまでにしましょう。

もし規定量を超える場合のタバコを持ち込んだ場合は罰金と処分があります。
まず規定量以上のタバコは全て没収されてしまい、1カートン当たり約4785バーツ(現在のレートで約1万6000円)の罰金が科されます。

僕の友人がこの事を知らずに日本の免税店で2カートン購入をしてタイに持ち込んでしまい、税関員に荷物を調べられて発覚してしまいました。

そして空港から離れた場所に連れていかれてタバコの没収、罰金を支払っていました。

こーへぇー
こーへぇー
友人は知らなかったと交渉したようですが「払わないなら裁判するぞ!」と言われたらしく、渋々支払いをしていました。

そのためタイに行く際にたばこを持ち込む場合は必ず1カートンまでにしておきましょう。

税関申告書に嘘の記載をしてバレないケースもあるようですが、近年バンコク内の空港では取り締まりが厳しくなっているため注意しましょう。

もし支払いを拒否すると身柄拘束もされるため可能性もあるため、注意しましょう。

規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合,税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,物品も全て没収されますので十分注意してください。なお,摘発を不服として罰金支払を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となりますが,その間,身柄を拘束されることもあります。

こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので,在外公館(在タイ日本国大使館等)が当該人に代わって交渉したり,判断に異議を唱えたりすることはできませんので,あらかじめご了承ください。        引用:外務省の海外安全情報

電子タバコはどうなの?

最近ではアイコスやグロー等の電子タバコユーザーがかなり増えています。

実はタイでは電子タバコを持ち込むことや所持していることが禁止されており、昨今は電子タバコに関する取締りが非常に厳しくなっています。

旅行者の方にはほとんど知られていないですが、タイでは2014年12月27日に「電子タバコ禁止条例」がタイ商務省から発令されています。

これは電子タバコの輸入・販売・所持・使用を禁止するもので、アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式タバコも含まれています。

最近では電子タバコを吸っていた日本人が逮捕されているケースが増えてきたようです。


パタヤのビーチでバンコク市内でたまに電子タバコを吸っている日本人をみかけますが、今後はかなり危険な行為になると思っています。

ちなみに最近のヤフーニュースでも取りあげられており、タイで電子タバコを吸うと最大で懲役10年と取り上げられているため、今後は絶対に持っていかない方が良いです。

タバコはどこで購入出来る?価格は?

タイでタバコを購入する場合はスーパー、コンビニ、物売り等から購入することが出来ますが、一番身近な場所なのはタイ国内にいくつもあるセブンイレブンです。

ただ注意してほしいのはたばこ類は定員さんの後ろにあるのですが、シャッターで隠れているので見えないようになっています。

そのため購入する際は「シガレッツ!」とかいって下の画像のようにシャッターを開けてもらいましょう。

価格帯は大体60バーツ~130バーツくらいでタイ国産のタバコは比較的に安いです。
マルボロが約125バーツです。

そのため全体的にタバコは日本より安く購入することが出来ます。

ただ少しずつ値上がりしている印象もあるため、もしかしたらタイの物価の上昇に伴い、今後も上昇していくかもしれません。

こーへぇー
こーへぇー
僕はタイに行った時はL&Mというフィリップモリスが出しているタバコを吸っています。価格も100バーツ以下で購入出来て、吸いごたえもあるため愛煙しています。

ちなみにタイのタバコのパッケージはグロいので初めて見る方は大抵ビックリされます。

喫煙場所や禁煙場所は?

タイは日本より喫煙者に対して厳しいです。

公共施設、商業施設、レストラン、ホテルは基本的に室内では全面禁煙です。
日本みたいにカフェで喫煙スペースと禁煙スペースが分けられているのは稀ですが、
オープンテラスになっているカフェ等はお店によっては灰皿が置いてあるため、喫煙可能です。

一部を除いてバーやナイトクラブなども全面禁煙になっているお店が多いです。
みんな大好きGOGOBARもお店によっては禁煙です。

そのため喫煙する際は外に出て灰皿のおいてある場所で吸いましょう。
商業施設、レストラン、ホテルの外には日本同様に灰皿を置いてある場所を見かけます。

もし室内で喫煙してしまった場合は5000バーツの罰金があるため、注意しましょう。
参考記事:禁煙場所拡大、罰金5000バーツに タイでたばこ規制強化

また今年の2月より、タイの有名ビーチ24か所でも喫煙の取り締まりを厳しくしています。
禁煙区域に指定されたビーチでたばこを吸って摘発されれば最大で1年の懲役刑または10万バーツ(約30万円)の罰金を科されることになるそうです。

指定されたビーチで日本人に人気のビーチは以下です。

・プーケット・パトンビーチ
・タオ島・サイリービーチ
・チョンブリ県・パタヤビーチ

パタヤビーチ入っとるやん!!!
こーへぇー
こーへぇー
ビーチで吸うのは至福ですが、吸わないようにしましょう!

参考記事:タイの主要ビーチ、2月から禁煙

歩きタバコやポイ捨ての罰則は?

夜の繁華街に行くと多くの外国人が歩きたばこをしているのを見かけます。
ビーチ以外で歩きタバコをしても厳格には罰則はありませんが、一般的なマナーとしては最悪のため、歩きたばこは止めましょう。

ポイ捨てに関してはバンコクでは非常に厳しく取り締まっています。
ポイ捨てを警察官に見られて取締りにあった場合は罰金2000バーツを払わないといけなくなります。

警察官はこずかい稼ぎに外国人に対しては目を光らせているので、ポイ捨ては止めましょう。

タイ人は喫煙者に対してどう思ってるの?

タイ人は嫌煙の方が非常に多いです。

タイではタバコはブルーカラーの肉体労働者が吸うというイメージが強くついており、大学を出ている方で喫煙している人はかなり少ないです。

実際にそれなれに学があるタイ人の前で喫煙するとかなり嫌がられます。
女性からの印象もかなり悪いです。

そのため、もしタイ人と一緒にいる時に喫煙する時は喫煙マナーを守りましょう。

まとめ

さて今回の記事はいかがでしたでしょうか?

タイでは日本より喫煙者にとって肩身が狭いと思いますが、しっかりとルールを守っていれば何も問題はないです。

タイのオープンテラスになっているカフェやバーで吸うタバコ+コーヒーやタバコ+お酒の組み合わせは反則的にうまいのでぜひ喫煙者の方はタイで一服する至福の時間を過ごしてください。

ABOUT ME
こーへぇー
こーへぇー
20代後半で東海圏に住んでいる零細メーカーのサラリーマン。 20歳の時に初めて訪れたタイで夜遊びを覚えてしまい、それ以降は東南アジアの様々な魅力に取りつかれてしまいました。。。⇒詳しいプロフィールはこちら